福岡の労務のことなら後藤労務管理事務所

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

長時間労働に繋がる商慣行の実態調査の結果が公表

  中小企業庁は、平成31年3月4日、「長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査」結果を公表しました。
 
 同調査は、長時間労働に繋がる商慣行として「繁忙期対応」と「短納期対応」が挙げられて いることから、その背景にある実態の把握を目的に実施されました。
 
<調査結果のポイント>

・「繁忙期」は約7割の企業で発生し、建設業、食料品製造業、紙・紙加工品産業、印刷産業、トラック運送業・倉庫業では8割超になっています。



・「短納期受注」は6割の企業で発生。繁忙期対応によって8割、短納期受注によって6割の企業が、従業員の平均残業時間が「増加する」としています。




【参照】中小企業庁HP:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2019/190304shoukanshu_chousa.htm
 




企業にとって、繁忙期と短納期の対応を行いながら、
長時間労働の抑制を図るのは、難題だと考えられます。


働き方改革や安全衛生に関するご相談は弊所にお任せください!
ご相談はお電話で承っております。


F8E8092-522-7102(10:00~17:00)

NEWS&TOPICS

〒810-0005
福岡県福岡市中央区清川1-9-19
渡辺通南ビル5F
TEL (092)522-7102
FAX (092)522-7103