福岡の労務のことなら後藤労務管理事務所

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

勤務間インターバル制度を導入してみませんか?

厚生労働省の「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」は、勤務間インターバル制度の普及促進に向けた報告書を公表しました。


勤務間インターバル制度をご存知ですか?
勤務間インターバル制度とは、終業時刻から次の始業時刻の間に、一定時間の休息を設定する制度です。

昨年成立した「働き方改革関連法」では、「労働時間等設定改善法」が改正され、
前日の終業時刻から翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保することが事業主の努力義務として定められました。(2019年4月1日施行)



■導入のメリット

業務の繁忙期などにより、特定の時期に労働時間が集中する場合や、夜勤、交替制務といった体系夜勤、交替制務といった体系において、勤務間隔が短い場合など、終業時刻から次の始業時刻までの間に十分な休息時間をとることができない場合も生じる事があると思います。

そのような場合に、勤務間インターバル制度を利用することで、終業時刻から次の始業時刻までの間に十分な休息時間を確保することが可能となり、以下のようなメリットがあげられます。

①健康維持に向けた睡眠時間の確保につながる
②生活時間の確保によりワークライフバンスが実現する
③魅力ある職場づくりにより人材確保定着につながる
④企業の利益率や生産性を高める可能が考えられる


■勤務間インターバル制度の導入例



■勤務間インターバル制度の普及に向けて
 
しかし、勤務間インターバル制度は、認知度が低い、導入の手順が不明確である、労働時間管理の為の整備に費用がかかる、代替要員の確保が難しいといった理由で普及があまり進んでいませんでした。

有識者の検討会が開かれた目的は、そのような勤務間インターバル制度の普及促進を図ることにあります。
 
検討会は、普及に向けて以下について取り組むことが重要だと報告しています。

①制度の周知

・事例集を活用し、メリットの周知を図る
・地方公共団体、地域の商工団体などの関係団体とも連携しながらの周知・啓発が重要



②制度導入の手順
・導入に向けてのポイントをまとめ、導入促進を図る(下記図式参照)

 

③導入企業に対する支援
・時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)による支援

④取引環境の改善に対する取組


報告書では、業種・従業員数別で勤務間インターバル制度を導入した企業の実例も紹介されておりますので、ご参考にされてみてください。
導入にあたっての各ステップで行うべきことの詳細も記載されております。
 
また、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)の活用もおすすめです。


【資料出所】厚生労働省HP「勤務間インターバル制度普及促進のため有識者検討会報告書」https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02924.html



勤務間インターバル制度を導入して、
従業員の方が働きやすい職場づくりをしていきましょう。




勤務間インターバル制度の導入、助成金の活用等は
弊所にお任せください。
ご相談はお電話で承っております。


F8E8092-522-7102(10:00~17:00)
 
 





NEWS&TOPICS

〒810-0005
福岡県福岡市中央区清川1-9-19
渡辺通南ビル5F
TEL (092)522-7102
FAX (092)522-7103