福岡の労務のことなら後藤労務管理事務所

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

平成30年8月 70歳以上の方の高額療養費制度が見直されました

 
高額療養費制度とは、ひと月(1日から月末まで)の医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の上限額(自己負担限度額)を超えた部分が、あとで払い戻される制度です。
 
 自己負担限度額は、年齢や所得に応じて定められており、同じ年収であっても、医療費の自己負担限度額は、高齢者の方が若者世代より低く設定されています。また、70歳以上の場合には、外来だけの上限額も設けられています。


 70歳以上の高額療養費制度の見直しは、負担能力に応じた負担を求めるという観点で、高齢者と若者の間での世代間の公平を図るために、平成29年8月、平成30年8月の2段階に分けて行われました。

 今回の平成30年8月の見直しでは下記の表のとおり、①現役並みの所得区分について細分化した上で限度額を引き上げ②一般区分に関しては外来上限額を引き上げが行われています。

<平成30年7月診療分まで>


<平成30年8月診療分まで>


 なお、年収約370万円~約1160万円(課税所得145万以上690円未満)の方(上図赤枠)で、平成30年8月以降、ひと月に一つの医療機関での支払いが高額になる可能性がある方は、「限度額適用認定証」の申請が必要となります。申請がされない場合は、年収1160万円~の区分の上限額で自己負担をすることになります。

 限度額適用認定証を申請していなかった場合に、自己負担額が高額になった時は、高額療養費制度にもとづき、後日払い戻すよう申請することができますが、一時的な支払が高額になってしまうため、限度額適用認定証の申請をおすすめします。



 高額療養費の見直しと制度については厚生労働省、協会けんぽのHPでも紹介されていますのでご参照ください。

厚生労働省HP:【高額療養費制度を利用される皆様へ】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

全国健康保険協会(協会けんぽ)HP:【医療費が高額になりそうなとき】
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151






高額療養費に関するお手続きでご不明な点がございましたら、
お気軽にお尋ねください。

 


ご相談はお電話で承っております。
 092-522-7102(10:00~17:00)

 

NEWS&TOPICS

〒810-0005
福岡県福岡市中央区清川1-9-19
渡辺通南ビル5F
TEL (092)522-7102
FAX (092)522-7103