福岡の労務のことなら後藤労務管理事務所

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

第13次労働災害防止計画が始まります



2018年4月 第13次労働災害防止計画が始まりました


 


「労働災害防止計画」とは、
労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。

厚生労働省は、過労死やメンタルヘルス不調への対策の重要性が増していることや、
就業構造の変化及び労働者の働き方の多様化を踏まえ、
労働災害を少しでも減らし、安心して健康に働くことができる職場の実現に向け、
国、事業者、労働者等の関係者が目指す目標や重点的に取り組むべき事項を定めた
2018年4月~2023年3月までの5年間を計画期間とする「第13次労働災害防止計画」を
2018年2月28日に策定し、3月19日に公示しました。

 
(厚生労働省HP 第13次労働災害防止計画 計画の本文にリンクします)

第13次労働災害防止計画が目指す社会として、
「一人の被災者も出さないという基本理念の下、
   働く方々の一人一人がより良い将来の展望を持ち得るような社会」
が掲げられ、
全体の目標として、死亡災害:15%以上減少 死傷災害:5%以上減少が掲げられています。

また、8つの重点事項が以下のように定められています。
(1)死亡災害の撲滅を目指した対策の推進
(2)過労死等の防止等の労働者の健康確保対策の推進
(3)就業構造の変化及び働き方の多様化に対応した対策の推進
(4)疾病を抱える労働者の健康確保対策の推進
(5)化学物質等による健康障害防止対策の推進
(6)企業・業界単位での安全衛生の取組の強化
(7)安全衛生管理組織の強化及び人材育成の推進
(8)国民全体の安全・健康意識の高揚等


厚生労働省HP「第13次労働災害防止計画について」より
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000197308.html

 



労働者の安全と健康を保てるよう、
職場の環境づくりをしていきましょう!



安全衛生についてのご相談はお電話で承っております。お気軽にどうぞ。
092-522-7102(10:00~17:00)

NEWS&TOPICS

〒810-0005
福岡県福岡市中央区清川1-9-19
渡辺通南ビル5F
TEL (092)522-7102
FAX (092)522-7103