福岡の労務のことなら後藤労務管理事務所

NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

平成30年 介護(補償)給付・介護料の最高限度額・最低保障額が改定予定です。   

 
厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会は、
12月18日に厚生労働大臣が同審議会に諮問していた「労働者災害補償保険法施行規則等の一部を改正する省令案要綱」に対し、「妥当」とする答申をしました。

厚生労働省は、この答申を踏まえ、平成30年4月1日の施行を目指し、速やかに省令改正作業を進めていきます。
 
(※労働政策審議会とは、公労使の三者で構成される審議会で、厚生労働大臣等の諮問に応じて、労働政策に関する重要事項の調査審議を行ったり、労働政策に関する重要事項について、厚生労働大臣等に意見を述べたりすることができます。)




 今回は、省令改正案の複数のポイントのうち、
介護(補償)給付・介護料の最高限度額・最低保障額の改定」についてご紹介します。




<改正の趣旨>
〇労働者災害補償保険法では、業務上の事由又は通勤による負傷等により一定の障害を負って介護を要する状態となった労働者に対して、介護に要した費用を介護(補償)給付として支給。給付額には、最高限度額と最低保障額を設け、原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の介護手当の支給限度額との均衡を考慮して設定。これらは、人事院の国家公務員の給与勧告率にあわせて改定。

〇今般、平成29年度の人事院勧告により、0.15%のプラス改定が行われることから、介護(補償)給付の最高限度額及び最低保障額を見直す。
 
〇また、炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法(炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関し、一酸化炭素中毒症にかかった労働者に対して特別の措置を講ずるもの)の規定に基づき経過措置として支給する介護料の最高限度額及び最低保障額についても、同様に見直す。
 
 

【労働者災害補償保険法に基づく介護(補償)給付】   
 
常時介護を要する者
最高限度額    (105,130円) ⇒     105,290円
最低保障額     (57,110円)   ⇒      57,190円
随時介護を要する者
最高限度額     (52,570円)   ⇒      52,650円
最低保障額      (28,560円)   ⇒      28,600円   
 
※( )内は現行額

 

【炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法に基づく介護料】
 
常時監視及び介助を要する者
最高限度額    (105,130円) ⇒     105,290円
最低保障額     (57,110円)   ⇒      57,190円
 
常時監視を要し、随時介助を要する者
最高限度額     (78,850円)   ⇒      78,970円
最低保障額      (42,830円)   ⇒      42,890円   
 
常時監視を要するが、通常は介助を要しない者
最高限度額     (52,570円)   ⇒      52,650円
最低保障額      (28,560円)   ⇒      28,600円   
 
※( )内は現行額

 

 以上、厚生労働省HPより(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188909.html
そのほかの省令改正案についてまとめられていますので、ご確認ください。




労災の制度でご不明な点がある事業主の皆様、
お気軽にご相談ください。


ご相談はお電話で承っております。

092-522-7102(10:00~17:00)
 

NEWS&TOPICS

〒810-0005
福岡県福岡市中央区清川1-9-19
渡辺通南ビル5F
TEL (092)522-7102
FAX (092)522-7103